プロジェクトマネジメント用語集

プロジェクトマネジメント用語集

プロジェクトマネジメント用語集

このページでは「プロジェクトマネジメントに関する用語」をいちばんやさしく・分かりやすく・シンプルに解説します。

【No.1 プロジェクトとは】

独自性と有期性の両方がともなう活動のこと。独自性は新しい要素が1つでもあるか・ないかで判断し、有期性は時間軸で開始と終了が決まっている・いないで判断できる。

【No.2 プロジェクトマネジメントとは】

プロジェクトを成功させるために必要な知識や技術、手法。また、それらの知識や技術、手法を使ってプロジェクトを成功させるためにやりくりすること。

【No.3 プロジェクトマネジャーとは】

プロジェクトの目的・目標達成することに責任を持つチームをリードする役職。プロジェクトマネジメントすること、メンバーをサポートすることが主たる役割と責任。

【No.4 PMOとは】

プロジェクト・マネジメント・オフィスの頭文字を取った言葉。企業や組織内の個別プロジェクトのプロジェクトマネジメントを横断的に支援・サポートするための組織や役割。

【No.5 プロジェクトオーナーとは】

プロジェクトにおける最終決定権者。一般的に受託業務におけるプロジェクトの場合は発注者側のプロジェクトスポンサーがプロジェクトオーナーの立ち位置となる。

【No.6 プロジェクトメンバーとは】

プロジェクトの目的・目標達成に向けて、割り当てられたタスク(活動・行動)を期限内に遂行する役職。各種成果物を適切・的確に創ることが主たる役割と責任。

【No.7 ウォーターフォール(予測)型とは】

プロジェクト初期に成果物を定義し、作業範囲の変更を適切に管理していくプロジェクトの進め方。要件や技術面の不確定度が比較的低いときに適する。

【No.8 アジャイル(適応)型とは】

成果物は複数の反復で定義し、各反復の開始時に要求事項一式上の優先的なものから対応していくプロジェクトの進め方で、主にソフトウェア開発などで利用される。

【No.9 ハイブリッド(複合)型とは】

ウォータフォール型とアジャイル型の組み合わせで行うプロジェクトの進め方。不確定度の低い部分は予測型で進め、不確定度の高い部分は適応型で対応する。

【No.10 プロジェクトライフサイクルとは】

プロジェクトの開始から終了までのこと。プロジェクトが経験するすべてのフェーズの集合体とも言える。

【No.11 プロジェクトフェーズとは】

プロジェクトの段階や局面のこと。プロジェクトで進べき過程の一区切りごとを指す。

【No.12 プロジェクトマネジメントプロセス群とは】

プロジェクトマネジメントを、立上げ・計画・実行・監視コントロール・終結の5つに論理的にグループ分けしたもの。業種・業態、規模問わず適用できる。

【No.13 プロジェクトマネジメント知識エリアとは】

プロジェクトマネジャーに必要な統合・スコープ、スケジュール、コスト、品質、資源、コミュニケーション、リスク、調達、ステークホルダーの知識分野。

【No.14 プロジェクスコープとは】

プロジェクトの目的・目標達成のために実行するすべての作業範囲、また生成するすべての成果物範囲のこと。逆にこのスコープ外のことをプロジェクトではやらない。

【No.15 ステークホルダーとは】

プロジェクトの意思決定、活動、成果などに影響を与えたり、受けたり、受けたと感じたりする利害関係者(個人、グループ、組織)のこと。

【No.16 プロジェクトの目的と目標の違いとは】

プロジェクトの目的は「このプロジェクトで成し遂げるべきこと」であり、プロジェクトの目標は「成し遂げられたかどうかを判断するための基準」である。

【No.17 プロジェクト憲章とは】

プロジェクトの存在を正式化・公式化するための文書。プロジェクト憲章がプロジェクトオーナー(スポンサー)に承認されることでプロジェクトが公式に立上げされる。

【No.18 前提条件とは】

プロジェクトにおける前提条件とは、プロジェクトを進めるにあたって、これだけは成り立っていると仮定できること。例えば、必要な人材のアサイン、資源調達ができる等。

【No.19 制約条件とは】

プロジェクトにおける制約条件とは、プロジェクトを実施する際プロジェクトチームでは変更できない社会や顧客、会社等から与えられた条件のこと。例えば、法律・予算・納期等。

【No.20 ビジネスケースとは】

プロジェクトへの投資価値を判断するための情報のこと。言い換えれば、プロジェクトを立ち上げるきっかけ。※ビジネスニーズ(市場で解決が求められる問題)と混在注意

【No.21 マイルストーンとは】

プロジェクトを完遂するために重要となる中間目標地点のこと。一般的にはプロジェクトにおける、各フェーズの終結点、重要成果物の完成点等に設定されることが多い。

【No.22 WBSとは】

ワーク・ブレイクダウン・ストラクチャーの頭文字を取った言葉。作業分解表のことで、適切な粒度で要素分解されたプロジェクトスコープを抜け・漏れ・重複なく記載した文書。

【No.23 RAMとは】

レスポンスビリティ・アサインメント・マトリックスの頭文字を取った言葉。責任分担表のことで、WBSで示されたプロジェクトスコープに対し責任・役割を割り当てた文書。

【No.24 ガントチャートとは】

別名バー・チャート。プロジェクトのスケジュール(工程)表のことで、WBSで示されたプロジェクトスコープそれぞれに対して所要期間と期限を割り当てた文書。

【No.25 クリティカルパスとは】

別名バー・チャート。プロジェクトのスケジュール(工程)表のことで、WBSで示されたプロジェクトスコープそれぞれに対して所要期間と期限を割り当てた文書。

【No.26 ワーキングアグリーメントとは】

プロジェクトメンバーやステークホルダー含めたプロジェクトチーム全体で合意された業務上の約束事・ルール。「皆で考え、皆で合意する」が鉄則である。

【No.27 プロジェクトリスク とは】

プロジェクト業務を遂行していく上で確かでない(不確実性)こと。プロジェクトにおいては、脅威と好機両方のリスクがリスクマネジメントの対象となる。

【No.28 QCDとは】

プロジェクトの目的・目標達成に欠かすことのできないクオリティー(Q:品質)、コスト(C:予算)、デリバリー(D:納期)の三大指標。プロジェクトの成功基準として用いられる。

【No.29 プロジェクトベースラインとは】

プロジェクト計画としてプロジェクトオーナーに承認された「スコープ・コスト・スケジュール」の設定基準。PMの権限を超えた変更は都度承認が必要となる。

【No.30 コンフリクトとは】

対立・衝突のこと。特に プロジェクトの初期段階はプロジェクトチーム内でメンバー間のコンフリクトが多発することにプロジェクトマネジャーは必ず留意しておくことが求められる。

【No.31 RACIチャートとは】

プロジェクト計画におけるRAM(責任分担表)の一般的な形式。実行責任( R )、説明責任( A )、相談対応( C )、情報提供( I )の4つの役割・立場の頭文字からそう呼ばれている。

【No.32 クリティカルチェーンとは】

クリティカルパス法にプロジェクト資源の制約概念を加えて最短完了日数を算出する手法。バッファは個々の作業ではなく、クリティカルチェーンの最後に集めて管理する。

【No.33 クラッシングとは】

プロジェクトのクリティカルパス上の成果物や作業に対して、追加の人員や資金を投入することでプロジェクト全体のスケジュールを短縮する手法。

【No.34 ファストトラッキングとは】

本来は順番にやるべき後続作業を、前作業の完了を待たずに並行して着手し始めてプロジェクト全体のスケジュールを短縮する手法。手戻しのリスクが伴うことに注意する。

【No.35 PIマトリックスとは】

プロジェクトリスクに対し、定性・定量リスク分析を行うためのフレームワーク。発生確率( P )、影響度( I )の2軸で特定したリスクを分析し、優先順位付けを行う。

【No.36 コンティンジェンシー計画とは】

受容することを決めたプロジェクトリスクに対し、当該リスクが発生してしまった際にとるべき行動計画を能動的(事前)に決めておくこと。

【No.37 リスク戦略区分とは】

プロジェクトリスクに対する具体的方策を検討する際に用いる考え方。脅威のリスクには「回避・転嫁・軽減・受容」、好機のリスクには「活用、共有、強化、受容」がある。

【No.38 キックオフ会議とは】

プロジェクトの実行プロセス群で最初に行う正式な会議体。チーム育成は、キックオフにて「プロジェクトの目的目標や役割責任」をチーム全体で相互理解することから始まる。

【No.39 タックマンモデルとは】

心理学者のタックマンが唱えたプロジェクトチームビルディングのモデル。プロジェクトチームは、成立期、動乱期、安定期、遂行期、解散期の5段階で成長(進化)する。

【No.40 X理論とは】

米国の心理・経営学者マクレガー氏によって提唱された人間観・動機付けにかかわるもので「人は生来怠け者で、強制されたり命令されなければ仕事をしない」という理論・考え方のこと。

【No.41 Y理論とは】

米国の心理・経営学者マクレガー氏によって提唱された人間観・動機付けにかかわるもので「人は条件次第で責任を受け入れ、自ら進んで仕事をしようとする」という理論・考え方のこと。

【No.42 メラビアンの法則とは】

7-38-55ルールとも呼ばれる心理学の法則。人が他人に与える影響は、言語(7)・聴覚(38)・視覚(55)で、話の内容そのものが与える影響は7%程度に過ぎない。

【No.43 コミュニケーションチャネル数とは】

プロジェクトチーム内外におけるステークホルダーやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションの複雑さを表す指標。 チャネル数は「n(n-1)/2」で計算する。

【No.44 エンゲージメントとは】

プロジェクトにおけるエンゲージメントとは、プロジェクトやプロジェクトチームに対する愛着心や思い入れを指す。プロジェクトの成功に向けて貢献し合う関係のこと。

【No.45 コンセンサスとは】

意見の一致、合意のこと。プロジェクトはステークホルダーやメンバーとの「コンセンサス」を適切・適格に得ながら進めていくことが成功に不可欠である。

【No.46 ネゴシエーションとは】

プロジェクトに関連する「交渉や折衝」。ステークホルダーやチームメンバーと何らかの合意・調整を図る目的で、お互い情報を提供しながら建設的に議論を行うことを指す。

【No.47 是正処置とは】

プロジェクト内で発生した課題・問題・トラブル等に対し、事後再発しないようしっかりと対処(改善)すること。

【No.48 予防処置とは】

プロジェクト内で今後発生しそうな課題・問題・トラブル等に対し、未然に防げるようしっかりと対処すること。

【No.49 ステアリングコミュニティとは】

プロジェクトにおける最高意思決定機関や会議体を指す。ステークホルダー間の利害調整等、速やかにプロジェクトが進行できるようにすることを目的に設置される。

【No.50 検収とは】

プロジェクト成果物が発注の通りであるかを確認・検査して正式に受け取ること。検収は受注者から発注者へとプロジェクト成果物の責任が移る分岐点となるため慎重に行うことが求められる。

【No.51 プロジェクト教訓とは】

プロジェクトの過程(活動・行動)で得ることのできたすべての学び・事柄のこと。教訓は次回プロジェクトの成功率を高めるための重要情報(知的財産)である。

【No.52 テーラリングとは】

組織や企業が業務の基本として定めた標準のプロセスや開発手法を、個別のプロジェクトや顧客要求に合うよう手直しして実用的なものとして適用させること。

【No.53 鳥の目・虫の目とは】

鳥の目は物事の全体を俯瞰してみる視点・視座のこと。虫の目は物事を細かく詳細に捉える視点・視座のこと。敏腕プロマネは鳥の目・虫の目の両方を兼ね備えると言われる。

【No.54 逆算的思考とは】

ゴールから考えて、そこに到達するためにやるべきことは何か、どのように進めて行くかを決める思考法。具体的には「目的→最終目標→中継目標→行動」の順に逆算して考えていくと良い。

【No.55 プロマネ職の必須要件とは】

プロジェクトを成功に導くためのテクニカルプロジェクトマネジメントスキル・リーダーシップスキル・戦略やビジネスのマネジメントスキルの3つの要件が必要となる。

file-%2525E6%25259D%2525B1%2525E4%2525BA

プロジェクトマネジメント(PM)研修

​集合型(対面)

とにかくシンプルでわかりやすく、1日完結型のインタラクティブで飽きのこない研修で研修効果を最大化します。

プロジェクトマネジメント(PM)研修

​オンライン型(非対面)

感染リスクのないオンラインでの研修も実施中。対面の研修と同じ効果を得られるように、独自のカリキュラムを設計しています。

サンプルテキスト

サンプルテキスト

まずはお気軽にメールでご相談ください。

お問合せフォームから、1~2分でご用件を入力いただき送信いただけます。